• 25XLRIMTU
  • 25XLRIMTU
  • 25XLRIMTU

25mmXLカーボンチューブラーリム

穴数
¥34,000
(税込)

商品スペック

  • 重量250g+-10g(チューブラー)
  • カラー:マットブラック
  • ERD:598mm
  • 納期:20・24穴/1~3週間 他/2~4週間
  • ※「在庫あり」表示の場合も上記の納期見込みとなります。

商品概要

重量は250g。ヒルクライムの決戦ホイールを作るならこのリムで。

250gという軽量性を武器に900gを切るホイールの手組みも可能にするこの25mmXLカーボンリム。ヒルクライム特化のホイールを検討されている方には、まずこのリムを一番におすすめいたします。

慣性モーメントを低減

この25mmXLホイールはホイールの最外周部にあたるリムを非常に軽くすることで、走行時の慣性モーメントを大幅に低減することを可能にしました。

慣性モーメントの低減から得られた25mmXLリムを用いたホイールの加速性能の高さや楽に進む点に関しては、間違いなくトップクラスです。

こと急斜面や緩斜面の切り替わりなどが勝負どころとなるヒルクライムにおいては、特に漕ぎ出しの軽さが重要となるため、非常に大きなメリットとなります。

※慣性モーメントとは:ある軸の周りに回転運動する物体が同じ回転運動を保ち続けようとする回転の慣性の大きさを表す量。慣性モーメントが大きいほど,回転運動の変化を起こさせにくい。

つまり、

  • 慣性モーメントが小さければ小さいほど加速性能が高い(≒漕ぎ出しが軽い)
  • 慣性モーメントが小さければ小さいほど少ないパワーで進む(≒楽に走れる)

(ホイール外周部が重ければ速度維持をしやすい、という向きもあります。しかし、それであればなぜ、プロは一定速度で走ることが多いTTやトライアスロンで鉄下駄ホイールを履かないのでしょうか?空気抵抗や路面抵抗を無視した議論であると考えています。)

LWC wheelsのリム

ロードバイク・ホイールの走行性能にはやはり、リム外周部の重量が軽いか否かが大きな影響を与えます。
LWC wheelsのロードバイク・ホイールに使用されるカーボンリムは圧倒的軽さと信頼の東レ製カーボン繊維により 高品質・高強度を両立しました。そこに他者との「違い」と「優位性」を持っております。

25xlrim

デザインは近年人気が出ているマットカーボンフィニッシュ。
一見無骨に見える仕上げは、クリアフィニッシュカーボンとは違って表面の細かい傷が目立たず、 かつ塗料の重量増回避に寄与するなど実用上の利点もあります。

※ご購入にあたっては、ご購入ガイドよくある質問をお読みいただければ幸いです。

あわせてご検討下さい

<チューブラーテープ>
チューブラーホイールにタイヤを貼り付ける際には、簡単で精度良く貼り付けることが出来るテープタイプがおすすめ。
とりわけ、自転車のミヤタ社と高い技術力を誇るテープ大手の3Mが共同開発したチューブラーテープが非常に良く練られている良い商品です。

<チューブラーテープ>
当店イチオシのCX-RAYスポークもあわせてご購入下さい。ブラックカラーでは最安クラスの価格です。

SAPIM CX-RAYスポーク(Jベンド)
SAPIM CX-RAYスポーク(ストレート)

商品レビュー

簡単に1000g切り達成!
minminさん
ホイールセットも考えたもののこのリムでホイールを手組み。
体重が重めなので剛性を高めるべくスポーク数を増やしたりしましたが、1000gを切るホイールが組めました!
(まず痩せろよ!というコメントは厳禁)
早速シェイクダウンしまして、来年のヒルクライムはこれで初の入賞狙えるか!?という感触です。
強度はまだわかりませんが、必要十分だと思います!
-->
サドルキャンペーン画像