CATEGORY カーボンリム|手組み最軽量220g~2020最新リスト

LWC WHEELSのNXLシリーズのリム表面

手組のベースに最高なカーボンリム

カーボンホイールの匠がおすすめするカーボンリム

手組みカーボンホイールを考える全ての方に「LWCのカーボンリム」をお勧めします。

カーボンリムのラインナップは25mm790g~88mmのディープリムまで幅広く、信頼性も非常に高く組みやすいと評判。

最軽量で220g。超軽量・高剛性のカーボンリムを使用したい!との声から、NXLシリーズもリム単体で販売開始しました。
例えばミドルハイトの45mmでも370gと、エアロと軽量性、相反する2つの要素を備えたディープリムホイールも実現可能。

マウンテンサイクリングin乗鞍の年代別優勝者の方も超軽量カーボンホイールの手組に使用されるなど、実績も十分です。

この価格でこの性能・スペックのリムはなかなかないと自負しています。カーボンホイールを手組する際にこの上ないリムたちだと考えますので、ぜひご検討下さい。

LWC WHEELSのカーボンリムの特徴

ロードバイクホイールの走行性能には、リム外周部の重量が軽いか否かが大きな影響を与えます。

LWC WHEELSのカーボンリムは、設計にこだわった上で信頼の東レ製カーボン繊維を用いることにより 、軽量・高品質・高強度を両立しました。

そこに他との「違い」と「優位性」を持っております。

冒頭に記載のとおり、LWC WHEELSのカーボンホイールセットは25mm前後790g~88mmのディープリムまで高性能なラインナップを取り揃えております。

もちろん、それと同じリムを使えば、手組みでも軽く品質の良い自分好みのホイールを自由に作成できます。

その他

デザインは近年人気が出ているマットカーボンフィニッシュ。
一見無骨に見える仕上げは、クリアフィニッシュカーボンとは違って表面の細かい傷が目立たず、 かつ塗料の重量増回避に寄与するなど実用上の利点もあります。

ラインナップとしては、チューブラー・クリンチャーそれぞれ扱っており、ハイトはロープロファイルの24mmから88mmのディープリムまで、おすすめできるリムを取り揃えております。

ホイールを手組みする際の「使いたい用途」、「組みたいホイール」といった皆様のニーズにお応えします。

※当店では、SAPIM社、Pillar社のスポークやハブ、その他手組みに必要な工具などの取り扱いも可能です。お気軽にご相談下さい。

カーボンスポーク画像